不動産査定ではここが見られている

家を売る時にはいくらで売れるか査定を受けることになりますが、プロは一体どこを見るのかは気になるところですよね。
書面上の情報だけでわかるのは築年数や立地の利便性ですが、実際に家を見る時にはどこを見られているのでしょうか。
まず、一戸建てなら間取りがチェック対象ですが、生活をする上で動線がどうなっているかがチェックポイントになります。
誰もが使いやすいレイアウトなら理想的ですね。
他には日当たりや水回りの設備もチェック対象です。
風呂場やトイレ、洗面所など、キレイに出来るところは磨いておきましょう。
マンションは立地がかなりウエイトを占め、管理状態や修繕状態がチェックされます。
階数と方角で価格が変わって来ますが、こればかりは買った後では直しようがないですね。
リフォームしたなら、履歴をまとめて資料にしておくと、デキる家主と評価されます。
荷物は整理整頓、玄関も広く清潔にしておきましょう。
臭い対策も重要で、脱臭剤は必須。
後は人柄も見られていますから、最大限社交的に振る舞って下さいね。